レーシック・イントラレーシックとは

HOMEはこちら

HOME

Yahoo!ニュース -海外

  • NYでエボラ陽性 地下鉄乗る
  • - 2014?10月24日 12:34:29
  • エボラ 西アフリカのマリで初
  • - 2014?10月24日 09:51:29
  • ボコハラム 停戦合意も拉致か
  • - 2014?10月24日 17:17:25
  • 朝鮮有事 指揮権移管は延期
  • - 2014?10月24日 13:15:40
  • 軍ヘリに光線照射 邦人を逮捕
  • - 2014?10月24日 14:27:24
  • 米たばこ大手 社内全面禁煙に
  • - 2014?10月24日 15:28:31
  • イスラム国 身代金21億円稼ぐ
  • - 2014?10月24日 11:29:55
  • カナダ銃乱射「襲撃」の映像
  • - 2014?10月24日 09:00:09

    おすすめリンク

    DIP-E03-4-トップ

    レーシック・イントラレーシックとは

    裸眼のまま、一定の視力が確保される。

    1990年代にアメリカを中心にその手術方法が認知されるようになった。

                                    (Wikipedia参照)

    レーシック手術というのは、角膜に治療を施す視力回復手術なので、眼球の内部には直接の影響を与えませんし、レーシックが誕生した当時と比べて技術も発達しているため、国内でのレーシックによる失明の報告はされていません。


    そのため、失明の危険性は限りなくゼロに近い視覚矯正法です。

     
     
     

    電子書籍は記憶に残りにくい

    “内容を覚えていますか?”という割と表面的な聞き方をすると、ほとんど変わらないかもしれない。身体性を完全に取り除いたとしても、おそらく視覚的な記憶の手がかりだけでも、相当あるだろうと考えているからです。ただ、“身体性”といういい方は、確かにトレンドではあるけど、僕はあまり使わないんです。
     とはいえ、色々試してみるのは、やっぱり良いことだと思います。

      「人間の脳は大昔にデザインされたものですから、それ自体は大きくは変わりません。
     だから電子書籍になって、これは余分だろうと思って排除されたことによって、実は記憶の手がかりを失っているという可能性は、充分ありうることなんですね」

     文字情報以外の――例えばページの厚みとか重さといったものも記憶定着の要素として大切、ということになるのだろう。だから、そういう量的な手がかりというのは、身体性だけではなくて、明らかに視覚的な手がかりが入っている。仮にそうだとすると、紙のほうが“手がかりが豊富にある”ということなんですよ」

     手がかりとはいったいどういうことだろう?

     「我々は気にしていないようでいて、実は脳はたくさんの特徴を頭の中に刻み込んでいるんです。けれども意外と、頭に自動的に残ってくるような“言い回し”とか、“ちょっと気になるような表現”とか、そういうものをターゲットにして調べると、差が出てくるかもしれませんね。その結果、これはやっぱり紙の本で読もうとか、これは電子書籍でもサクサク読めるとか、そんな使い分けが大切だと考えるようになりました」

    (ダ・ヴィンチ電子ナビ 「まつもとあつしのそれゆけ! 電子書籍」より)

    。これは科学的な根拠があるものなのだろうか?

     「まず、科学的なデータがあるかということをいわれると、そういう科学的な調査をしたわけではありません。

     「そうですね。私もそうやっていろいろな電子書籍に実際触れて、何が足らないのかということが分かった。逆に適応してしまって、今までの読書スタイルが変わってしまうことも。問題を意識しながら読むことができるようになった訳ですね。

    詳しい記事はこちらから

     よく「電子書籍だと内容が記憶に残りにくい」と言われる。 ただ、日常的に電子書籍に触れることによって、どんどん適応をしていくのです。実は我々の脳は自動的に相当たくさんの情報を記憶している。もちろん電子書籍でスクロールバーなどによって、現在の位置というのが記憶に定着するような形でわかればいいんだけど……」

     しかし、これだけ電子書籍に注目が集まっていて、国内外で様々なサービスが生まれているにも関わらず、根本的なところで従来の紙の本に対する弱みがあることがわかる。
     例えば本棚の中に沢山の本があって、そこに目当ての1冊が隠れていても、様々な特徴の記憶からあそこのあの本っていうふうにわかるぐらいに、です。著者で東京大学大学院総合文化研究科の酒井邦嘉教授に話を聞いた。
     ページをめくっていくと、このレイアウトのなかのだいたいこの辺りに書いてあった――という具合に、非常に自然に頭に入っているものなんです。紙に印刷された「文字」が「脳」に与える効果とは一体? 電子書籍と「紙の本」の違いはどこにあるのだろうか。認知科学の世界で最近注目されている「身体性」(体という物理的な存在が周囲の環境と相互に作用し、学習・知識構築を行う様)にも通じるものなのだろうか。また調査の方法によっても結果が変わってくると思います。いい場合も悪い場合もあるとは言えますが。『脳を創る読書』(著者/酒井邦嘉、出版元/実業之日本社)という本が話題だ。現在、出版業界では各社とも電子書籍の普及に注力しているが、本書は改めて「紙の本」の良さを脳科学的に問い、なぜ私たちたち人間に「紙の本」が必要なのかを提示している。視覚的なインプットは人間にとってかなり強いものなんです。